日本フラナリー・オコナー協会について

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本フラナリー・オコナー協会は、フラナリー・オコナー研究の日本における発展、及びその作品の普及を目指して、2013年3月26日に設立されました。アメリカのThe Flannery O’Connor Societyと連携しながら運営をしていきます。学生・研究者だけでなく、オコナーの作品・キリスト教文学・アメリカ文学に関心のある方、文学を学んでみたい方、カトリック、プロテスタントの宗派の別を問わず、キリスト教会の信徒・聖職者の方など、あらゆる方々に門戸が開かれています。

当協会の設立について、アメリカのAndalusiafarmのFacebook Andalusia, Home of Flannery O’Connor (2013年4月4日)に掲載されました。

We are delighted to announce the creation of The Flannery O’Connor Society of Japan, which was officially established on O’Connor’s birthday, March 25, 2013. The opening ceremony was held at Nihon University in Tokyo. The President of the Society is Hajime Noguchi. The Vice-President is Koji Tanaka and the Secretary-General is Fuminori Nakamura. Congratulations to this new organization devoted to a better understanding of Flannery O’Connor’s art!

会員募集

日本フラナリー・オコナー協会では、随時会員の募集を行っております。入会を希望される方は、お名前、住所、連絡先、所属を明記し、事務局までお気軽にご連絡ください。
   入会金 なし
    年会費 (普通会員)4,000円 (学生)1,000円(博士課程まで) (賛助会員)10,000円以上

会費振込先 ゆうちょ銀行 店番038 (普通)7866374
口座名義:日本フラナリー・オコナー協会 代表者 野口肇

事務局連絡先 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
         中央大学 文学部 英語文学文化専攻 久保研究室内
         日本フラナリー・オコナー協会事務局        
         e-mail  kubo [at mark] tamacc.chuo-u.ac.jp

組織・役員

役職 名前 その他
会長 野口 肇 首都大学東京(名誉教授)
副会長 田中 浩司 防衛大学校(教授)
事務局長 久保 尚美 中央大学(准教授)
幹事 関根金太郎 神奈川県立鶴嶺高等学校(教諭)

会則

第1条 本会は日本フラナリー・オコナー協会(The Flannery O’Connor Society of Japan)と称し、略称を
 FOSJとする。事務局を附則のとおりに置く。
第2条 本会はフラナリー・オコナーを中心として、関連ある作家や文学の流れについて研究を行うことを目的と
 する。
第3条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。    
    1.年次大会の開催    2.機関誌等の発行    
    3.アメリカのThe Flannery O’Connor Societyその他内外の関連学会との連携    
    4.その他必要と認められる事業
第4条 本会の会費は第2条の趣旨に賛同し、所定の会費を納入するものとする。    
    1.会員は、普通会員・賛助会員・学生会員の三種類とする。    
   2.会費は年額とし、次の区分による。    
    3.普通会員¥4,000  学生会員(博士課程まで)¥1,000 賛助会員¥10,000以上
第5条 本会に次の機関を置く    総会   役員会    
    1.総会は本会の最高議決機関であり、毎年1回会長が招集する。    
    2.役員会は役員をもって構成し、本会の運営にあたる。役員会は必要に応じ各種の小委員会を設けるこ
 とができる。
第6条 本会に次の役員を置く。役員の任期は3年とし再任を妨げない。    
    会長1名   副会長1名   事務局長1名   幹事 若干名   監査2名    
    1.役員は総会において会員が互選する。    
    2.役員の役職は、総会において役員が互選する。    
    3.会長は本会を代表して会務を統括し、副会長は会長を補佐する。    
    4.幹事は事務局長の職務を補佐し、会務を執行する。    
    5.監査は本会の財務および会務執行状況を監査する。
第7条 本会に顧問を置くことができる。顧問は役員会の推挙により、会長が委嘱し、会長及び役員会の諮問に
 答える。
第8条 本会の経費は会費及び寄付金により支弁する。本会の会計年度は毎年1月1日から12月31日までとする。
第9条 本会則の改正は総会の承認を経なければならない。但し、附則の事務局に関する箇所については、事後
 承諾とすることができる。また改正年月日の記入も省略することができる。


附則1. 本会の準備委員会を平成24 年8 月3 日、日本大学理工学部に於いて発足する。
附則2. 本会の事務局を平成25 年3 月25 日より、千葉県船橋市習志野台7-24-1
 日本大学理工学部一般教育教室英語系列 中村文紀研究室に置く。
附則3. 会則は平成25 年3 月25 日から施行する。
附則4. 本会の事務局を平成28年3月26日より、暫定的に神奈川県横須賀市走水1-10-20
 防衛大学校総合教育学群外国語教育室 田中浩司研究室に置く。
附則5. 本会の事務局を平成29年3月25日より、東京都八王子市東中野742-1
 中央大学文学部英語文学文化専攻 久保尚美研究室に置く。
附則6. 平成30年3月17日の総会にて本規約の第4条の3及び第8条の改訂、第4条の4の削除、
 会誌「投稿規定」の規定1及び3の変更、「執筆要項」5の削除が承認された。