事務局より

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会開催のお知らせ

第6回日本フラナリー・オコナー大会を下記日程・場所で開催を予定しています。会員の方はもちろん、ご関心のある方もふるってご参加下さい。

日時:平成31年3月16日(土)15:00~18:00

場所:明治学院大学白金キャンパス 本館81会議室

交通アクセス:https://www.meijigakuin.ac.jp/access/

キャンパス案内:https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

Ⅰ 開会の言葉・会長挨拶(15:00~15:10)
 日本フラナリー・オコナー協会会長 野口 肇氏(首都大学東京 名誉教授)
 司 会:久保 尚美氏(中央大学 准教授)

Ⅱ 研究発表 (15:15~16:15)

当初予定していた国立都城工業高等専門学校講師・松川兼大氏による研究発表は、氏の都合により、急遽キャンセルとなりました。代わって以下の報告を行います。

研究報告:フラナリー・オコナーの作品における「南部白人」の構築性

       ―”manners”の一側面として

発表者:久保尚美氏

司会:田中浩司氏

Ⅲ 総会(16:20~16:50) 司 会:田中 浩司氏(防衛大学校 教授)
会計報告    野口 肇氏
事務局より   久保 尚美氏

Ⅳ 閉会の言葉(17:00~17:10)
 田中 浩司氏

懇親会(18:00~20:00)
 会場:きらぼし食堂(都営三田線、東京メトロ南北線 白金高輪駅徒歩1分)

 会費:3000円程度(懇親会にご参加下さる方は3月14日までに事務局へご連絡頂ければ幸いです)

 

報告

平成30年3月17日、第5回大会を無事終了しました。総会にて本規約の第4条の3及び第8条の改訂、第4条の4の削除、
会誌「投稿規定」の規定1及び3の変更、「執筆要項」5の削除が承認されました。

第75回ゴールデン・グローブ賞(4部門)、第42回トロント国際映画祭観客賞、第74回ベネチア国際映画祭脚本賞を受賞した
映画『スリー・ビルボード』(Three Billboards outside Ebbing Missouri)について、映画評論家町山智浩氏が
「善人はなかなかいない~『スリー・ビルボード』の恩寵」と題して、この映画をフラナリー・オコナーと関連づけて
論評しました。(『Fox Searchlight Magazine vol. 10 スリー・ビルボードissue』20世紀フォックス映画,
2018.2, pp. 34-36)
尚、同映画とフラナリー・オコナーとの関連については、下記のようなサイトにおいても取り上げられています。
The New York Review of Books, NYR Daily
Francine Prose, “Truth in Advertising”(November 28, 2017, 3:50 pm)

2017年5月12日、川勝徳重氏が漫画雑誌 『架空』15号、16号(2017年5月4日発行)を
事務局に寄贈して下さいました。

16号にはフラナリー・オコナーの”The Life You Save May Be Your Own”を原作とした
豊田徹也氏による漫画

「救う命は自分のかもしれない」が掲載されています。
下記のリンクをご覧ください。

http://tacoche.com/?p=14324

2018年度 年間予定

日時 内容
2018年6月30日 会誌第2号への投稿希望申し込み〆切
   10月31日 会誌第2号 原稿〆切
2019年1月31日 第6回大会 口頭研究発表希望者受付〆切